2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラスとマイナス - 2010.10.11 Mon

昨日・今日と連休で、少しのんびり気味に今朝パジャマ姿でまったりトイレにいたら「ピンポーン」とチャイムが。
「ゲッ!」と慌てているうちに二度目のチャイムが・・・。
「どちらさまですか?」と聞くと宅配便のお兄さんで、もうすでに待たせてしまっているため仕方なくパジャマのままで荷物を受け取りました
まぁ、朝の遅い我が家ではたまにあるそんな光景でした。

nitti.jpg
玄関を入るとほぼ正面にはニッチがあり、右手は階段。
いま飾られてるのは胡蝶蘭の造花で、これは我が家の真後にあるお宅(Sさん)から引越しの挨拶に行った翌日に頂いたものです。
そのSさんの奥様がうちの夫の同級生の叔母さんにあたるらしく、とても好印象なご近所さんで一安心でした。

dgr.jpg
そして階段の反対側には、問題のドッグルームが・・・。
なにが問題って、いまやここは夫の趣味の部屋と化しております。
数々の植物たちが並べられ、夫は毎日サウナやプールへ行くので電動物干しにはタオルと海パンが干され、私には立ち入る隙もありません
まぁ、夫が好きに出来るのはこの部屋くらいなので、自由にさせてあげましょうか。
ただ、この部屋で一つ後悔してるのが洗面台の蛇口の形。
ここは顔を洗うのではなく、植物に水をやったり、犬をシャンプーしたり、の想定なので、もっと上から水が出てくる、シャワー機能付きのタイプにすべきでした、何故気付かなかったのだろう・・・。

sant.jpg
先日紹介したトイレの左側には洗面・脱衣・バスルームがあります。
どちらもスペースの関係で引き戸となっております。
これはこれで使いやすく、将来的にも引き戸の方が身体が不自由になった場合にはいいかも。
bathr.jpg
お風呂はこれまたごく普通の1坪標準タイプで、トステムのラ・バスシリーズ。
でもアパート時代に比べると、格段に広く浴槽で足を伸ばせるのが嬉しい限りです。
お風呂の床は換気扇を回さなくても翌日には乾いていて靴下のまま歩けます、進化してますな日本の技術は。
sanitr.jpg
洗面台は私の好きな水色のタイルを使いました。
下の収納部は扉をつけるか、扉なしでタイルを下まで門のように貼るか(ドッグルームの洗面台のように)選べたんだけれど、今となっては扉なしにすれば良かった、と少し後悔。
まぁ、いまさらなので、これはこれで良しとします。

というわけで、建築前の打合せの時には決めることが山のようにあり、予算の限界とも戦っていたため、すべて思い通りには出来なかったというのが現実です。
ただ、それ以上に新しい自分の家というのはもちろん快適だし、落ち着くし、好きなように改良もしていけるし、まだまだこれから楽しめる要素がたくさんあって、あらためて「良かったなぁ」と実感する今日この頃です。




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

1ヶ月点検 «  | BLOG TOP |  » やっぱり家が好き

プロフィール

toramame

Author:toramame
ふたご座・A型
MシュナウザーのSAKUを中心にした日記です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。