2010-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の過ごし方 - 2010.10.31 Sun

すっかり秋も深まってまいりました。
明日からは11月なんだわぁ、早いわぁ

秋といえば、昨日は義父の82歳の誕生日
私達が引越してからまだ新居に招待してなかったので(ソファの入替えが済むまで階段の手すりをはずしてたので呼べずにいた為)、昨日は我が家で誕生日会
ちゃんこ屋さんの持ち帰り用鍋セットと市内で人気のあるスィーツ屋さんでケーキを買ってお祝いしました。
さすがにもうタイヤ交換はお願いできない、と今年は私の車のタイヤ交換はスタンドでやってもらいましたが、義父が乗ってる車のタイヤは義父が自分で交換しています尊敬。
できるだけ、長く元気でいてほしいものです

さて、秋といえば食欲はかなり旺盛な我が家のSAKUです。
sakuuuu.jpg
タオルで遊ぶのが大好き。
もうウチに来て2週間が過ぎました。
最近はよく寝るようにもなったのですが、寝てる写真を撮ろうと近づくとムクっと起きてしまうので、なかなか寝顔が撮れずにいます。
足音や玄関ドアを開ける音、靴を履く音、ごほうびのフードを入れてる容器を開ける音・・・。
いろいろな音を覚えて反応するようになってきました。
2010 1031
毛も伸びてきたかな。3ヶ月のワクチンが終わったら初トリミングに連れて行こうかしら?
それとも自分でカットしちゃうかな。
ゆくゆくは自分で出来るようになりたいんだけど、まずはどういう風にするのか見学がてらプロにお願いした方がいいよね、なんてったって不器用だし私。

2010 1031

先週は私の兄家族がSAKUに会いにきてくれて(兄はレトリバーとコーギーを飼っている)、昨日は夫の両親と初対面。
皆「おとなしいね」と言って可愛がってくれました。
おとなしくない時も結構あるんですが(朝とか夕方とか)、おとなしいときは本当に可愛いです


スポンサーサイト

育犬の悩みと楽しみ - 2010.10.23 Sat

SAKUがやってきて1週間が過ぎた。
あれこれ悩んでいるうちに、あっという間に過ぎていく日々・・・。

しつけの仕方は調べればいろいろ出てくるものの、仔犬との接し方というか、どの程度放っておいていいのか、どの程度関わればいいのか、まだまだわからないこともたくさん。

それにSAKUのほうも、初日から元気で食欲もあったので、あまり緊張してるとか、落ち着きがない、とか思ってなかったけれど、私達がサークルのあるリビングに居るときはいつも私達の方を気にしているようで、熟睡している姿をあまり見ることがなかった。
それが昨日の夜には熟睡している様子を初めて見ることができた。
もともと仔犬は1日のうち20時間くらいは寝てるのが普通らしいので、やっとSAKUも新しい環境に慣れてきて、私達がいても眠れるようになったのかな

20日の水曜にはワクチン接種のため初めての動物病院へ。
SAKUは移動中は慣れない箱(ペットショップでサクを受け取った時の持ち手付きのダンボール箱)に入れられて少し鳴いていたものの、診察のときはわりとおとなしく女性の獣医さんに自分から顔を近づけていき「人懐っこいね」と言われていた。
どちらかというと、私のほうが緊張してたかも。
行き帰りの車の運転中も、病院の待合室でも、SAKUの不安と緊張をなんとか静めようと気を張っていたせいか、家に帰るとグッタリだった

まぁ、健康状態は特に問題なく、ワクチンも来月あと1回受ければお散歩解禁だそうだ。
それまでにトイレを覚えてくれるかなぁ

saku 10 21
「遊んでくれ」とオモチャをくわえて駆け寄ってくるSAKU。
可愛いなぁ、もう。
saku 10 22
仕事中もつい「どうしたらトイレを覚えるか?」と考え込んだり、SAKUのことで悩み事も多いけれど、この顔を見たら全部吹き飛びます

本もいろいろ・・・ - 2010.10.18 Mon

SAKUがきて三日目、まだ試行錯誤状態です。
迎える前に買った本が3冊、昨日また買ったのが3冊(古本・雑誌も含め)。
「ミニチュアシュナウザーの飼いかた」と犬種を限定したものから、ブックオフで見つけた通販限定雑誌「犬のきもち」、はたまた「犬と暮らす」的な写真ばっかりの本まで、いろいろありますが・・・。
ネットもそうだけど、結構本によって書いてあることが違っていたりして、またそれぞれの家庭によって生活環境も違うわけで、犬の個性もあるだろうし・・・結局どれが正解なんてわからないけど、とりあえず
”要求吼え”を覚えさせないように、吼えたり鳴いたりしているときは無視をして、人間の生活が優先だと解らせるために外出から帰ってもすぐにはサークルから出さないようにしたり。
心を鬼にして耐えてますどっちが我慢してるんだか・・・。
saku1018.jpg
排泄もサークル内にいるときはトイレでしてくれるんだけど、サークルから出して遊ばせてるときに結構粗相することがあって
ほめて覚えさせるというけど、いつも見ていられるわけじゃないので、褒めるタイミングをいつも逃してる感じ。
まぁ、まだ産まれて2ヶ月と数日(人間でいうと2・3歳?)だし、ウチに来て3日しか経ってないし。
気長に根気よく続けることね、と自分に言い聞かせています。
saku1018_20101018235046.jpg

体重はまだ1.5kg。
今日SAKUを買ったペットショップのブリーダーさんから「元気にしてますか、何かあったら気軽に電話してください」と電話をもらった。心強いわ。
下痢もせず、食欲もあるし、元気です。
元気がイチバン

SAKUがやってきた - 2010.10.16 Sat

今日我が家にミニチュアシュナウザーの仔犬(生後2ヶ月・♂)がやってきました。
名前はSAKU(サク)です。


saku4_20101016170313.jpg
ソルト&ペッパーなので大きくなったらもう少しグレーっぽくなるのかな?
ちゃんとシツケが出来るかどうか、多少不安もありますが・・・。
なんとか楽しいペットライフを送れるように頑張ります。
saku3.jpg
用意していたオモチャで早速遊んでおります。
たまに「クンクン」と鳴きますが、わりとおりこうさんにしている様子。
saku2.jpg
今日はあまり疲れさせず、ゆっくり休ませようと思います。

1ヶ月点検 - 2010.10.15 Fri

昨日、工務店による住宅の1ヶ月点検があった。
私達のを建ててくれた工務店では、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年目からは年1回と無料点検が行われるのです。
案内のハガキは先月中旬には届いてたのだけど、なかなか日時が決められずにもう1ヶ月半になってしまったけど。
昨日は現場担当だったMさんがきて、追加で頼んであったホスクリーンを付けてくれたり、棚を取り付けてくれたり、あとは外観になにか異常がないか、家の中の内装や建具や設備に不具合はないか、丁寧にみてくれました。
これといった不具合はなく、「内装の塗り壁部分に多少のひびが生じてるのは来年の6月頃に1度補修をしましょう」とのこと。
塗り壁のひびは気温や湿度の変化でほぼ100%起こりうる事だそうで、無料で補修してもらえるのはとっても有難いわけです
次回は3ヶ月点検、てことは11月の末頃・・・って来月?か。あっという間だわね、きっと。

家の紹介もそろそろ飽きてきたような、すっかり生活感も出てきたし

bedtoy.jpg
週末にやってくる小さな主を待ちわびるハウスとオモチャ
ちなみに夫も「あと何日・・・」と指折り数えて待っている


プラスとマイナス - 2010.10.11 Mon

昨日・今日と連休で、少しのんびり気味に今朝パジャマ姿でまったりトイレにいたら「ピンポーン」とチャイムが。
「ゲッ!」と慌てているうちに二度目のチャイムが・・・。
「どちらさまですか?」と聞くと宅配便のお兄さんで、もうすでに待たせてしまっているため仕方なくパジャマのままで荷物を受け取りました
まぁ、朝の遅い我が家ではたまにあるそんな光景でした。

nitti.jpg
玄関を入るとほぼ正面にはニッチがあり、右手は階段。
いま飾られてるのは胡蝶蘭の造花で、これは我が家の真後にあるお宅(Sさん)から引越しの挨拶に行った翌日に頂いたものです。
そのSさんの奥様がうちの夫の同級生の叔母さんにあたるらしく、とても好印象なご近所さんで一安心でした。

dgr.jpg
そして階段の反対側には、問題のドッグルームが・・・。
なにが問題って、いまやここは夫の趣味の部屋と化しております。
数々の植物たちが並べられ、夫は毎日サウナやプールへ行くので電動物干しにはタオルと海パンが干され、私には立ち入る隙もありません
まぁ、夫が好きに出来るのはこの部屋くらいなので、自由にさせてあげましょうか。
ただ、この部屋で一つ後悔してるのが洗面台の蛇口の形。
ここは顔を洗うのではなく、植物に水をやったり、犬をシャンプーしたり、の想定なので、もっと上から水が出てくる、シャワー機能付きのタイプにすべきでした、何故気付かなかったのだろう・・・。

sant.jpg
先日紹介したトイレの左側には洗面・脱衣・バスルームがあります。
どちらもスペースの関係で引き戸となっております。
これはこれで使いやすく、将来的にも引き戸の方が身体が不自由になった場合にはいいかも。
bathr.jpg
お風呂はこれまたごく普通の1坪標準タイプで、トステムのラ・バスシリーズ。
でもアパート時代に比べると、格段に広く浴槽で足を伸ばせるのが嬉しい限りです。
お風呂の床は換気扇を回さなくても翌日には乾いていて靴下のまま歩けます、進化してますな日本の技術は。
sanitr.jpg
洗面台は私の好きな水色のタイルを使いました。
下の収納部は扉をつけるか、扉なしでタイルを下まで門のように貼るか(ドッグルームの洗面台のように)選べたんだけれど、今となっては扉なしにすれば良かった、と少し後悔。
まぁ、いまさらなので、これはこれで良しとします。

というわけで、建築前の打合せの時には決めることが山のようにあり、予算の限界とも戦っていたため、すべて思い通りには出来なかったというのが現実です。
ただ、それ以上に新しい自分の家というのはもちろん快適だし、落ち着くし、好きなように改良もしていけるし、まだまだこれから楽しめる要素がたくさんあって、あらためて「良かったなぁ」と実感する今日この頃です。




やっぱり家が好き - 2010.10.03 Sun

すっかり秋も深まってまいりました。
9月の末に我慢できずに暖房を入れてしまった我が家です。
蓄熱暖房機という初めて体験する暖房システムだったのだけど、家の中全体がふんわり暖かくて快適
電気代も夜間の安い時間帯に蓄熱するので経済的らしいのだけど、こればっかりは請求がきてみないとわかりましぇん。
アパート時代と比べて光熱費がどれくらい高くなるかは、少し恐怖

さて、少しずつお家の紹介も取り入れながら・・・まずは玄関。
2010genn.jpg
玄関入って振り向いたところ。
左側の白いドアは収納で、いまは私の車の冬用タイヤや古新聞、そして雪が降ってきたら雪かき道具なんかも収納する予定。
玄関ドアの色は柿渋色という色の名前で、私が選んだのだけどインターデコの家ではあまり使われない色らしい。
私の住んでる市内でこの色のドアを選んだのは私達が初めてだと確か打合せのとき工務店さんに言われたし。
でも外壁の色ともすごく合ってるし、私はとても気に入っています。
2010genn (1)
反対側の右側、下駄箱と窓があります。
上に置いてる植物は夫のコレクションでアイビーの一種と何かの寄せ植えなんだけど、アパート時代にあんまり枝が長く伸びてきたので「いい加減もう切ったら?」と何度も詰め寄る私に屈することなく、結局切らずに新しい鉢に植え替えて引越し直後の玄関に「どうだ!」と言わんばかりに飾っている夫がいました。

続いてトイレ。
2010genn (2)
ごく普通です。
本当はタンクレスにしたかったけど、予算の都合で標準仕様。
床は水に強く丈夫な樹脂タイルで手洗いの下の収納部にかかってる布は私の手作りカーテンです。
近くで見ると縫い目がガタガタしてますが、気にしない気にしない
この写真右側の奥の壁にも小さい収納があって、トイレットペーパー等を置いていますが、そこにも手洗い下のカーテンとお揃いの布でカーテンを作成しました。
市販のカフェカーテンではサイズが微妙に合わないので。

他にもダイニングで使ってるイスにもカバーを作らなくてはならないので、現在2Fのダイニングのパソコンを置いてるカウンターにはミシンが一緒に置いてあるのでした。
本当は不器用で裁縫も好きではないのだけど、自分で作ると愛着もわくというものです。
まぁ、出かけるより家にいるのが好きなので、休日の過ごし方としては裁縫もいいのかもしれない。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

toramame

Author:toramame
ふたご座・A型
MシュナウザーのSAKUを中心にした日記です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。